スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車通勤

本日の帯広市の気温15度。このところ雨や霧雨で肌寒い日が続いています。自転車通勤も出来たり出来なかったりと調子が狂います。しかし、自転車に乗って汗を流すと体調が良いので、早く暖かくなってほしいものです。帰りは少し遠回りして十勝大橋を通って、坂道を上り、すずらん大橋を通ります。ここからは十勝川と十勝山脈の雄大な景色を観ることが出来ます。大平原の十勝ですが北海道の大きさと自然の中に生かされている素晴らしさを感じることが出来ます。自転車は排気ガスも出さないし、環境にも貢献できて、かつすばらしい自然を身近に感じられ、身体にも心にもやさしい交通手段ですね。自撮
すずらん大橋
スポンサーサイト

一日見真会

十勝の長かった冬もあけ、雪解けが進んでいます。
日が照ると春の暖かさを少し感じられるようになり、心がウキウキしてきます。
昨日は「よろこびの花咲く一日見真会」という行事を行いました。
約60数名の方々が参加されました。
朝から会場は盛り上がり、最後まで笑いの絶えないすばらしい内容となりました。参加された皆様は「これまでにない位よい見真会だった!」「とっても話がよかった」「また参加したい」とよろこびの声が届いています。
一日集合

春の訪れと共に、皆様には笑顔とよろこびというエネルギーを充電することが出来ました。

健康で明るい未来を

私は最近、自転車通勤を始めました。二酸化炭素削減と体力アップを兼ねての事です。やると決めたら自分は形から入る方なので、自転車、ヘルメット、サイクルジャージなど一式揃えました。楽しむというの余裕も続けるには大切なことです。
初日は何年も乗っていなかった事もあり、足に疲れがすぐに出てペダルをこぐのが大変でした。しかし、何日か続けていると
早くこげるようになり、秋の景色を楽しみながら通勤できます。自然を感じながら、風を感じながら走るのはとても気持ちがよいです。今では積極的に坂道にも挑戦しています。ロードバイク身体も少し締まってきたようで、楽しいことばかりです。身体は使うと能力が伸びるように出来ています。使わなければさび付いて行きます。毎日を明るく生活するためにも健康が大切です。この世界はで想った事が、コトバの力で実現される世界です。幸福な環境も、健康でつくられるのです。しかし、だからと言ってゴロゴロ寝ていて、祈っているだけでは実現されません。健康を想ったら、そうれを〝行動〟化することで実現出来るのです。祈りでそれを実現する智慧が与えられたら、行動するのです。いつまでも健康ですごしたいものですね。

Tag : 健康

本当の幸福とは

それまでは、職場と家との往復は自動車であり、運動する時間も中々とれずにいました。
50歳を過ぎて体の不調も出てきたりと、運動しなければと思っていたのですが、中々始めることが出来ませんでした。
ところが一昨年犬を飼うことになり、わが家に柴犬がやってきました。
名前は家族で考え〝さくら〟と名付けました。最初は子ども達が面倒をみる約束でしたが、よくある話しで今では親である私が朝の散歩をするようになりました。(笑)
晴れた日の散歩はとても気持ちがよく、犬と朝日をあびているとが解放された気持ちで幸福が感じられます。
また、適度な運動が出来てありがたいですね。本当に〝さくら〟に感謝です。
さくら


さて、幸福というとそれはどういうことでしょうか?
これについて生長の家創始者・谷口雅春先生は次のようにお説きくださっています。
 

「幸福」とはいかなる状態であるであろうか。答えて曰く、調和が幸福な状態である、億万の富があるも調和がなければ幸福だとは言えな、だからわれらがもし自分の周囲に幸福な世界を持とうと思うならば、調和したを持たなければならないのである。 ここに「汝ら天地一切のものと和解せよ」との教えが絶対権威あるものとして生きてくるのである。


 幸福とは調和したをもつことであると。天地一切のものと和解するとありますが、和解するということは「感謝」するということです。口先の「感謝」ではなくからの熱意ある感謝が大切だと説かれています。
自分の家族はもちろんすべての人・物・事に感謝して生活することが幸福につながるのです。
感謝を忘れずに、明るく楽しく大いに笑って日々生活してまいりましょう。
ありがとうございます。




Tag : 感謝

注文は心で

先日の昼食は久しぶりにラーメン屋に入りました。
席に着いて店員さんに「味噌ラーメン!」と注文すると、しばらくして熱々のラーメンが運ばれて来て美味しくいただきました。

当たり前のことですが、ラーメンを食べることが出来たのは私が心で「味噌ラーメン」と思い、それをコトバに出したのでラーメンを食べる事が実現したのです。

人生もこれと同じです。どのような人生も環境も「心」で「コトバ」を用いて実現しているのです。
私たちは今日まで何をするにも、心で思い、コトバに出してきたことで今の自分の環境を作ってきたのです。ですから、明るい人生をつくろうと思ったら心を明るくすることが大切なのですね。
人の心が明るくなると、明るい人生が開けてきて、健康もよくなるし、家庭も調和してきます。いつも不満や不幸を心に描いてクヨクヨしていると、いくら善い人でも「暗い人生」を作るのです。

ですから私たちはこの人生のレストランにいつも「幸福だ、幸福だ」と明るい表情で明るいコトバで幸福を注文をしていると、いくらでも幸福が出て来るのです。
 生長の家創始者・谷口雅春先生は次のようにお説きくださっています。

  機嫌の善きは万人を明るくする

 御機嫌がよいと云うことはその人の心が明るいことであり、心が明るい時には、その人の持って生まれた智能がいつもよりよく働くから、よき考えが浮び、よき仕事ができるということになるのである。心明るきときには肩が凝らない。筋肉が無理な緊張をしない。人が自分を侮辱して来ても腹が立たない。常に平和で、何事も善意に受け取ることが出来るのである。新しき智慧が湧き出で、新しき勇気を生じ、どんな逆境をも好転させる不思議なインスピレーションを受けることができる

                     『新版 生活の智慧365章 』

最新記事
プロフィール

吉田 尚樹

Author:吉田 尚樹
私は吉田 尚樹(よしだ なおき)といいます。
北海道の函館出身です。
現在、十勝に在住し、生長の家本部講師を拝命しています。

生長の家の日時計主義の生き方を実践し、日常の楽しい事をつづっていきたいと思います。

このブログ上での発言は、すべて私本人の責任で行っていますので、私は「生長の家」を代表する者でもありませんし、私の発言が「生長の家」の見解ではありませんので、予めご了承ください。

おすすめ本
最新コメント
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クリック募金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。